えふまび雑記
オンラインゲーム・FF14のプレイ雑記や攻略、他マビノギ等色々なゲームのこと、ラーメンのこと、日々の出来事などなど。
プロフィール

勇吹(いぶき)

管理人:勇吹(いぶき)
FF14FF14FF14
メインキャラ:Mina Harker
サーバー:Gungnir
マビノギマビノギ(休止中)マビノギ
メインキャラ:勇吹
メインサーバー:キホール→タルラーク

のんびり、マッタリ、なんとなく、適当、器用貧乏、らーめんと剣と楽器演奏が好き。
いつまでもへっぽこから抜け出せなくても、楽しければそれでいいのだ!

☆MMLのUPは無期限停止中☆
 >>MML置き場へ行く

☆MML講座あります☆
 >>MML講座を見る

☆マビ演奏動画あります☆
 >>演奏Link

☆実況プレイやってます☆
とろろという名前でやってます。
 >>気ままに実況プレイ 一覧
>>ブログ

説明当ブログについて説明

Chromeが一番綺麗に見えます。
不定期更新です。

いぶきにゃ。
ご報告頂けるととても嬉しいです!

トラックバックやコメントの内容によっては、予告無しに削除することがあります。ご了承ください。

FF14クラス表
マビノギスキル表
2013/3/12更新
※Ababill/聖典群のブログ様(閉鎖)の
ブログパーツを参考にしています。
来訪者数
延べ来訪者数
最近の記事
コメント
カテゴリ
月別アーカイブ


ブログ内検索
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バハムート真成編 3層 おぼえがき
2015-02-15(Sun) 20:35
リトルノア、ぼちぼち続けているのですが、なかなかうまいこと戦略がたてられないですなー。
遠隔攻撃をぶつけた方が良いとか、上空から攻撃した方が良いとか、わかっちゃいるのですが、なんかこータイミングよくユニットを投入できなかったり、狙った対象を攻撃目標にできなかったりです(笑

他のプレイヤーから攻め込まれない効果をもつ「シールド」が3日間ついていたのですが、それが切れてしまうので、はてさてどうなることやら。

そういえば、「設備をフィールドの端っこに全部寄せてしまえば、攻め込まれる箇所を2面に限定できるじゃん?」と思っていたのですが、普通に端っこからも攻められるようです。
慌てて真ん中に移動しました……(笑


さて後半はFF14話。


バハムート真成編・3層のおぼえがきです。
タンク(ナイト)視点です。


<PT構成>

ナ・タンク(戦がベター)・白・学・詩・キャスター1・近接1・DPSなんでも


<事前準備>

1. フィールドマーカーを置く
以下は一般的な置き方。
マーカー
このマーカーは、後述の「漆黒の炎」を、それぞれのロールがどこに置くかという目安。
 A・・・ヒーラー
 B・・・タンク
 C・・・DPS
正直タンクのマーカーは不要なため、後述の「青碧の炎」を置く目安の場所として置いてもいいと個人的には思う。


2. フェーズ1とフェーズ2で60秒ごとに沸く「ベンヌ」をどこで倒すか決める
ベンヌは、離して倒しておく必要がある。
離して倒す理由は後述。

以下は一例。
ベンヌ位置
ベンヌを動かし損ねた場合の保険として中央が⑤になっているが、4匹でフェーズ3に入れるようであれば、④は中央でも良いと思う。
タンクのどちらかは、ベンヌが沸くタイミングと倒す場所を組み込んだマクロを使うと良い。

◇マクロの例

※最初のacは戦闘開幕に使うスキルで、なんでもOK。必要なければ無くてもOK。

順番や場所はPTによって異なるため、必ず事前にタンク同士で確認・調整しておく。


3. フェーズ2の「紅蓮の炎」を誰が処理するのか決めておく
紅蓮の炎については後述。
一般的には詩人が担当することが多いが、もし居るなら召喚の方が適任だと個人的には思う。


4. フェーズ2とフェーズ4の「煉獄の炎」をそれぞれ誰が処理するのか決めておく
煉獄の炎については後述。
一般的には、フェーズ2はヒーラー2名が、フェーズ4はタンク2名が担当することが多い。


5. フェーズ3開幕の集合場所を決めておく
どれかのベンヌの死体の位置になる。


6. フェーズ3のマーカーのつけ方を決めておく
5と6は、正直タンクのやり方次第だと思う。


7. フェーズ4で「霊泉の炎」に入る順番を決めておく
霊泉の炎については後述。
私が相棒の戦士と組む場合は
 1. ST
 2. 詩人
 3. キャスター
 4. 学者
 5. 白 (基本的に不要、予備的に決めている)
という順番にしている(本人の希望でヒーラーを2番にすることもある)が、1番目にSTが入るやり方は野良では見られない。
しかし、安定するのでオススメ。
理由は後述。


8. フェニックスをFTしておく
ヒーラーはやり方次第では不要。




<敵の技と対処>

リヴァレーション
フェーズ3以外で使用。
ヘイト1位に対して使われる、大ダメージの前方範囲の物理攻撃+「リヴァレーション耐性低下」というデバフ付与。
物理攻撃なので、両タンクはこれにあわせてハルオーネのSTR低下やヴィントを入れておく。

「リヴァレーション耐性低下」デバフがある状態でリヴァレーションを食らうと、即死は避けられない程度のダメージになるため、2連続で受けることは難しい。
(インビン・ホルムで耐えることはできると思う。多分。)
そのため、デバフがついたら次のリヴァレーションが来るまでにタンクがスイッチして対処する。
ちなみにデバフがなくても、何も防御Buffが無い状態で食らうと普通に即死しかねないので、タンクとヒーラーは注意する必要がある。

・フェーズ2までは、ベンヌが沸いて少ししたら使用してくる。
・フェーズ4は、後述の「霊泉の炎」が現れた後に使用してくる。


漆黒の炎・白熱の炎
いずれも詠唱があり、フェーズ1のみ使用してくる。

漆黒の炎
・DPSから1名、ヒーラーから1名、STの、計3名の足元に「漆黒の炎」という紫色のフィールドが発生する。
・ST以外は誰に来るかわからない。
・漆黒の炎を踏んでしまうと、ダメージと共に被ダメージ上昇のデバフ(1回踏むごとにスタックされる)が付与される。
・発生した漆黒の炎同士が近いと、紫の線が繋がり「漆黒の大炎上」が発生し、大ダメージを食らう。
・発生してから30秒以内に壊さないと「漆黒の大炎上」が発生して実質的な全滅コース。

なお、以前はタンクのみ漆黒の炎の踏み判定がシビアだったが修正された。

白熱の炎
・漆黒の炎の後に使用してくる。
・DPSから1名、ヒーラーから1名、STの、計3名の頭上に白いマーカーがつき、対象者とその周囲にダメージを与える。
・ST以外は誰に来るかわからない。
・ダメージ範囲の中に漆黒の炎があると「HPmaxダウン」というデバフを与えることができる。

対処法
・事前に設置したマーカーに、ロールごとに集まっておく。
・足元の紫が見えたら速やかに退避して、踏まないように気を付ける(特に近接DPS)
・白熱の炎のターゲットになったら、他人を巻き込まないようにしつつ、漆黒の炎を巻き込めるよう立ち位置を考える。
・白熱の炎が発動したら、黒のファイラやフレア、召喚のベイン等で速やかに漆黒の炎を壊す。
 →よって、マーカーやフェニックスは、全ての漆黒の炎に範囲魔法が届くよう位置を調整するとベター。


煉獄の炎・煉獄の爆炎
フェーズ2とフェーズ4で使用される。

煉獄の炎
・詠唱あり。
・タンク以外の誰かに「誘爆」というデバフが付与される。
・他のプレイヤーに重なると「誘爆」デバフが消えるが、代わりに重なった相手に「延焼」というデバフが付与される。
・デバフを持ったまま死ぬと、再度「煉獄の炎」を使ってくる。

煉獄の爆炎
・少し長めの詠唱あり。
詠唱開始時点で「誘爆」もしくは「延焼」を持っていた人を対象に大ダメージを与える。
・詠唱が終わるまでに「誘爆」や「延焼」を持ったままだとほぼ即死コース。

対処法
・初回の「誘爆」がDPSについたら、スムーズにヒーラーに渡せるよう近づく等適当に対応する。
・「煉獄の爆炎」の詠唱が始まったら、相方にデバフを渡して即死を回避する。
 →この時、「持っている方が動く」のか「持っていない方が取りに行く」のか「毎回決まった方が動く」のか事前に決めておいた方がスムーズ。
もともとデバフを持っていた方が大ダメージを食らうので、もともとデバフを持っていた方のHPをフル回復する。
 →「煉獄の爆炎」詠唱中はMTがダメージを食らうことはないので、落ち着いてフル回復することがスキンや鼓舞よりも重要と思う。

なお、フェーズ4でタンクが受け渡しをする際は、デバフの受け渡しさえしっかり行えば、回復はそこまで神経質にならなくても問題ない。


青碧の炎・紅蓮の炎
フェーズ2で使用される。
事前に「紅蓮の炎」を処理する担当者を決めておき、その担当者が対処するのが一般的。

青碧の炎
・タンク以外の誰か1名の頭上に青白いマーカーがつき、数秒後に円形範囲が表示される。
・ほどなくして、円形範囲内にダメージフィールドが発生するので、円形範囲が表示されたら退避する。
 →ダメージフィールドを踏むとダメージ+凍傷+ヘヴィ+スロウ。
・更にその後、円形範囲が消えて、跡地に青白く小さい水たまりのような円形フィールドが残る。
・残されたフィールドを踏むと「青碧の炎」というデバフが付与され、与ダメージと回復魔法使用時の回復量が大幅に低下する。

紅蓮の炎
・詠唱後、ボス付近に火球が現れ、タンクを除いた誰か1名に線が繋がり、その相手に向かって追尾移動する。
・何もせず火球にぶつかると「紅蓮の大炎上」が発動し、全体に大ダメージ&火傷デバフ付与。
・「青碧の炎」デバフを持ったメンバーが火球にぶつかると「紅蓮の炎上」が発動し、小ダメージのみとなる。

対処法
・「青碧の炎」デバフを持ったメンバーが、わざと火球にぶつかって「紅蓮の大炎上」を回避する。
・「青碧の炎」デバフが無いメンバーは、火球にぶつからないように避ける。
・線の対象者は、デバフが無い人に火球をぶつけないように配慮する。
 →下手にうろうろすると逆にやり辛くなるので、ある程度でOK。
・ボスの位置によってはタンクの背後付近に火球が出て対処し辛くなることがあるため、フェーズ2に移行したらボスを北側へ寄せると良い。

注意点
・水たまり円形フィールドはボスに近すぎると消えてしまうため、ある程度離れたところに置くようにする。
 →特に近接に青白マーカーがついた際は、焦ってボスを殴りに戻って水たまりがボスの近くに発生するようなことがないように気を付ける。
・水たまり円形フィールドを、紅蓮処理担当者以外がうっかり踏まないようにする。

紅蓮処理担当者向けの注意点
「紅蓮の炎」の詠唱直後にボスが咆哮するが、その時にボスの近くに「青碧の炎」デバフもちの人が居るとデバフが消えてしまい、対処できなくなる。
 「青碧の炎」デバフがついたら、咆哮が見えるまではボスに近づかないようにする。

・「青碧の炎」デバフがつくと与ダメージが下がるため、DPSを出したければなるべくギリギリまで水たまりを踏まない方が良いが、水たまりは「紅蓮の炎」の詠唱後ほどなくして自然消滅するため、慣れるまでは詠唱中に水たまりを踏んで、咆哮が見えるまでできる限りボスから離れるようにすると良い。

・火球は、ぶつかりに行く、というよりは、火球と線対象者の間に立ちはだかるイメージ。


転生の炎
フェーズ3とフェーズ4で使用してくる。
使用するごとにボスに「不死鳥」というBuffがスタックされていき、段々「転生の炎」のダメージが増していく。


霊泉の炎
フェーズ4で使用してくる。
通称「温泉」。
ボスの近くのどこかに円形のフィールドが展開され、中に誰か入っていないと、ボスに「不死鳥」Buffがスタックされていく。
しかし、中にずっと入っていると「霊泉禍」というデバフがスタックされていき、数値が増えるたびにダメージを食らう。
デバフ3のダメージはタンク以外では耐えられないレベルのため、デバフ2で中に入る人を交代する必要がある。

「霊泉禍」のデバフスタックの合計が8になると、消滅する。



<フェーズ1:HP100%~80%>
戦士がいれば、戦士が先行する。

戦闘開始から5秒後に1匹目のベンヌが沸くので、遠隔DPSで処理する。
ベンヌの殲滅が遅いとボスに「不死鳥」Buffがスタックされていくので、迅速に倒す。
(ベンヌの殲滅速度が遅い場合は近接も少し手伝う)
STは速やかにベンヌのヘイトをとり、事前に決めた位置にベンヌを連れていく。
・移動が遅いとDPSが手を緩める必要が出てくるので、気持ち早めに移動すると良い。
・とにかくベンヌの死体同士が近くならないように、倒す場所に注意する。
・ベンヌのヘイトをとる際は、ベンヌをターゲットする必要のないスキルを使うと他のプレイヤーにはねにくい。
・ナイトであればフラッシュ→ドゥームで問題ない。

漆黒の炎・白熱の炎は落ち着いて対処すれば問題なし。


「煉獄の炎」が詠唱されるとフェーズ移行。
3匹目のベンヌが沸いた直後くらいにフェーズ移行できれば火力十分。
それ以降だと火力が厳しめ。
3匹目のベンヌが沸く前にフェーズ移行できると、ベンヌ4匹でフェーズ3を迎えられる。


<フェーズ2:HP80%~52%>
漆黒の炎・白熱の炎が使われなくなり、煉獄の炎と紅蓮の炎が使われるようになる。
MTは北側へボスを寄せる。

・煉獄の炎(詠唱あり)→青碧の炎(詠唱なし)→煉獄の爆炎(詠唱あり)→紅蓮の炎(詠唱あり)
・紅蓮処理担当者の熟練度にかなり左右されるフェーズ。

紅蓮処理担当者は、「青碧の炎」のデバフ効果によりどうしてもDPSが落ちるため、「紅蓮の炎」時に沸いているベンヌの削り速度には各自留意する。

また、ここで起きる事故として比較的多いのは、DPSに煉獄の炎の誘爆デバフが付いた時。
ヒーラーに渡そうと思ったら青碧の炎のターゲットになってしまい、水たまりを踏んで消えることがある。
落ち着いて、水たまりをしっかり置いてから、誘爆デバフをヒーラーに渡すようにした方が安全。


52%になるとフェーズ移行と同時にボスの周囲に即死フィールドが発生するため、全員速やかに南にあるベンヌの死体付近に移動する。
特にMTは逃げ遅れないように注意。

フェーズ移行までに倒したベンヌが5匹以内であれば火力十分。
6匹以上だとフェーズ3が越えられないと思う。


<フェーズ3 通称・転生フェーズ>
即死フィールドがあるためボスには触れないし触らない。
「転生の炎」詠唱でフェーズ開始、今まで倒したベンヌ達が復活するので、全て倒す。

ベンヌについて
便宜上、フェーズ1と2のベンヌを「小ベンヌ」、フェーズ3開幕で復活したベンヌを「中ベンヌ」、その後再度復活したベンヌを「大ベンヌ」という。
小ベンヌと中ベンヌは、「転生の炎」によって復活する。

「転生の炎」によってベンヌが復活する際、ベンヌの周囲に割と広めの円形フィールドが発生する。
このフィールド内に別のベンヌいると、ボスに「不死鳥」Buffがスタックされるため、予め距離をあけて倒しておく必要がある。

また復活したベンヌは、死ぬ前のヘイトを継続しているので、それぞれのタンクに向かってくることになる。

不死鳥Buffについて
・大体14スタックくらいで、「転生の炎」の威力が高すぎて耐えられなくなる。
・スタックが増える条件は以下の通り。
 ・フェーズ1と2でベンヌを倒すのが遅い。
 ・フェーズ3でベンヌが復活した際、近くに別のベンヌが居る。
 ・「転生の炎」が発動する。
 ・フェーズ4で「霊泉の炎」の中に誰も居ない。

ベンヌが復活したら、タンクは集合場所のベンヌにターゲットマーカー1をつけ、それ以外のベンヌにも全てターゲットマーカーをつける。

個人的には1以外のマーカーはどういう順番でも良いと思うが、PTによって若干違いがあるため、タンク同士で事前に打ち合わせしておくと良い。

私が固定の戦士と組む場合は以下の通り。
 ・<事前準備>の図でいうと②の位置に集合し、1をつけ、他はテキトーに番号を振る。
 ・④のベンヌは戦士にヘイトがあるため、挑発でナイトがヘイトを引き受ける。
 ・あとは番号の通りに倒しつつ、ベンヌ復活時に「不死鳥」Buffがつかないように移動する。
 ・大ベンヌが現れたら最優先で倒す。
 ・大ベンヌは基本的に戦士がヘイトを引き受ける。
 ・2匹大ベンヌが現れたら、ナイトが後に現れた方のヘイトを引き受ける。

野良で行くと多いパターンは以下の通り。
 ・<事前準備>の図でいうと③の位置に集合し、1をつける。
 ・先行戦士の持っている2匹に2と4を、後行ナイトの持っている残り2匹に3と5を、それぞれ分担してつける。
 ・1→2→1(大)→2(大)→3→4→3(大)→5→4(大)→5(大) の順番で倒す。

どのようにするのかは事前に相談して決めておく。
ベンヌ4匹で移行できる場合は、順番とかマーカーとか深く考えなくても、特に問題なく転生フェーズを乗り切れると思う。


ベンヌが一か所に集合したら、キャスターはLBを撃つ。

先述の通り、中ベンヌが復活する時も周囲に割と広めの円形フィールドが発生し、別のベンヌが近いとボスに「不死鳥」Buffがスタックされるため、中ベンヌが死ぬたびに、他の中ベンヌが居ない場所へ移動する必要がある。
タンク、DPS共に、FTの転生の炎の詠唱を見ながら、復活するタイミングを把握しておく。

「転生の炎」は特にミスをしなくとも「不死鳥」Buffのスタックにより徐々に威力が上がるため、ヒーラーは後半に備える。
MPもカツカツになりやすいので、「転生の炎」詠唱3回目くらいまでは、白の範囲回復は使わず学者で対応する等して節約する。
DPSは「不死鳥」Buffが10くらいでも「捨て身」がついていると転生の炎で死にかねないので注意。
使うなら前半か。

ベンヌをもつタンクは2人ともきっちりバフを回し、ナイトは序盤で大ベンヌをもつことがあればセンチネルを、後半でもつときにはインビンを使うと良い。
また、ナイトはフラッシュを3回以上使っておくと、ヒーラーにベンヌがはねることがまずないが、定期的に使うと安心。


全ての大ベンヌを倒せばフェーズ移行。
ボスの周囲の即死フィールドに焦って突っ込まないように注意。


<フェーズ4:HP52%~0% 通称・新生フェーズ>
「煉獄の炎」が詠唱されるので、STはすぐに「誘爆」デバフを受け取りにいく。
以降最後まで、タンクが「煉獄の炎」に対処する。
常にSTが渡しにいく・受け取りに行くようにすると、ボスの向きがブレないので良い。
近接はうっかりタンクに重ならないように注意する。


「煉獄の炎」後に「霊泉の炎」が詠唱され、ボスの近くのどこかに円形のフィールドが展開されるので、STは速やかにその中に入る。
(事前に決めておいた順番の通りにする)
直後にMTに「リヴァレーション」がいくので、ナイトであればストンスキンのチャンス。
「霊泉禍」デバフがスタック2になったら「霊泉の炎」から出て、2番目の人と交代する。
以降、事前に決めておいた順番の通りに「霊泉の炎」の中に人が入り、「霊泉禍」デバフスタック2で出て次の人と交代する。

STは温泉から出たらスイッチする。
「煉獄の炎」の「延焼」を持っているはずなので、ボスの前に戻る時DPSにぶつからないように気を付ける。


ほどなくして、中央からタイタンの「ランドスライド」のような見た目の予兆があり、小型のイフリートみたいなものが突進してくる。
タンク以外は避ける。

更に同様の小型イフリートが現れ、今度はランダムで誰かに線が繋がり、その対象に向かって突進してくる。
突進の直線上に居るとダメージを食らうので、位置取りに気を付ける。
(線が繋がった人は回避不可)
線が繋がった人はなるべく他人に小型イフリートを当てないよう周囲をよく見る。
→当たったのがタンクならば大した問題ではないが、温泉の中の人に当たると殺してしまいかねない。


ヒーラーは、慣れた相方であれば不要だが、野良の場合は、MTと温泉の中の人の回復をそれぞれどちらがメインでするのか、担当を決めておいた方が安定する。
特に、温泉の中の人がエギの対象になって「霊泉禍」デバフダメージと重なると、回復が間に合わず死んでしまうことがある。
中の人にはリジェネや鼓舞をかけておくと良い。

「霊泉の炎」にSTが1番目に入ることで、どのようなDPS構成であってもヒーラーが一人温泉に入る必要がほぼなくなるため、回復の安定度が増す。
ボスのところに戻る時近接DPSにぶつからないように気を付けるのがデメリットなくらいで、メリットの方が大きいと思う。


交代で温泉につかって「霊泉の炎」が消えるのを2回繰り返すと、イフリートのサラミ的なものが発生するので避ける。
(当たるとかなり痛い)
そして、先述の線が繋がる小型イフリートと同じものがまた出てくるので、各々自分に向かってくるイフ以外に当たらないように気を付ける。
ナイトや白は、ストンスキンのチャンス。


あとはこの繰り返し。

死人が出ると「転生の炎」が詠唱される。
ここでも「不死鳥」Buffがスタックされるので、死人が出れば出るほど厳しくなっていく。
極力死人を出さないのも大事。

死人が出ていないのに「転生の炎」が詠唱されると全滅、時間切れ。


なんか色々足りない気がするけれど、こんなものかな。



コメント
オンラインのFFってやったことないけど、覚えるだけでも大変そうだなこれ・・・w
でもまさにこれこそが、協力プレイってヤツなんだろうなぁ・・・(・3・)
| オルヴィエ #a5JjCMr6
2015-02-16 21:30(Mon) [編集]

これなー。
文字に起こすとなんだか膨大になっちゃうんだけど、実際プレイするとそうでもないんだよねー。
倒すまで15分もかからないし……。
それだけ、短時間に凝縮されているコンテンツといえるかもしれないけど!
| 勇吹 #-
2015-02-17 13:58(Tue) [編集]

逆に言えば、これだけのことをやっているから15分で終わるってのもあるんだろうなー。
多分きっと、そこに至るまでの最適解を構築するまでの間が一番楽しいんだろうなぁ・・・
| オルヴィエ #-
2015-02-17 22:01(Tue) [編集]

よくFF14は「予習必須」とか「クリア動画をなぞるだけ」みたいに言われることが多いのだけど、ギミックの答えだけわかっていてもあまり意味がなくて、ちゃんと理解して、どう動けば良いか自分で考えないと、応用が効かなくて全然だめなんだよネー。
「ギミックを解くことこそゲーム」という人には向いてないと言えるけど、それはイコールオンラインゲームには向いてないといえるからなw

オルさんもやってみないか!w
| 勇吹 #-
2015-02-20 09:09(Fri) [編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://ibuki27.blog76.fc2.com/tb.php/1801-88cd6385
...この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


カレンダー
01 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Twitter
各種リンク
巡回サイト

++管理者ページ++
Flash Player

FLASH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。